20代で競争のない楽な業界での仕事に慣れた人は使いものにならない

競争のない楽な業界で働く人の現実

人情味のある商店街が大好きなんて大うそ!

大阪で人情味のあることで有名な商店街に訪れた時のことです。

ランチタイムなので喫茶店で軽食を取ろうと喫茶店に入りました。
そのお店は80年近く続く風情のある老舗の喫茶店です。

私が入店すると、店のオーナーとスタッフの女性が地元の人と楽しそうに話し込んでいました。

案内された4人掛けのテーブルに付くと、冷房からの風が直接当たるかなり寒い席でした。
あまりに風が冷たいので空調の調整をお願いしました。

すると、

『空調は動かせないんですよ。
他のお客さんから特に何も言われたことないんですけどね~』

と嫌味っぽく言われます。

仕方ないので隣の1人掛けのテーブルに移動して、荷物を置くため、隣の空いてる席に荷物を置きました。

するとまた女性スタッフが言います。

『そこに荷物置かれると迷惑なんですが~』

私は、『他の方が来たらすぐにどかしますから』と言っても、ブスっとした顔でダメだの一点張り。

さらには、奥からマスターが『狭いのが嫌ならさっきの広いテーブルに行けよ。。』と言う始末。

これまでいろいろなカフェ巡りをしてきましたが、ドトールやスターバックスなどのチェーン店で横のテーブルを利用するのを断られたことはありません。
しかも、何かお客さんにお願いするときは礼儀正しくお願いされていましので、この喫茶店には驚かされました。

チェーン店と地元の個人店を比較するとき、いつも『杓子定規な対応と定番のサービスしかできないチェーン店』と『人情味あふれる接客の個人店』などと言われますが、ハッキリ言って大うそです。

実は個人店ほど排他的で地元の常連客さん以外には冷たいです。
逆にチェーン店は一見さんのお客さんを前提としていろんな人が来ることを想定しているので素晴らしい接客ができる傾向にあります。

これこそまさに、競争の無い甘やかされた環境で経営しているお店とたくさんのライバルと競争しながらサービスを磨いているお店の違いです。
商店街にある老舗の喫茶店と言えば、常連客が付いてるのでよっぽどミスをしないかぎり離れることはありませんので、経営も安定します。
でも、チェーン店は一見さんに選んでもらえるように必死でメニュー、サービスを考えて工夫しています。

だから、その差が売上と利益の差になっているのです。

市場のシェアを50%以上取っている会社の没落

私が以前勤務していた精密機器のメーカーは、分析機器の会社でした。
特殊な光を対象物に当てることで、その対象物の元素をすべて割り出すというかなり特殊な機械です。

そのため、日本における市場はおよそ65%を確保し、社歴は50年以上続く安定した会社でした。
ところが、その会社の7年前の市場でのシェアは80%でした。

たった7年でシェアを15%も落としています。
それでも危機感がありません。

なぜなら2位のシェアの会社のシェアは10%に満たないので圧倒的な差があるからです。
でも、転職で入社した私としては、この尋常ではないシェアの下がり具合に危機感があります。

国内での過去のお客さんの再受注を増やすことと、海外での販売比率は低いので、海外でのシェアを伸ばしていきましょうという提案を上司にしました。

すると驚きの回答が返ってきます。

上司『うちの会社は海外でもビッグ3の一角を占めてるから大丈夫』

初耳でした。
海外でもビッグ3の1つなんだ!

で、シェアはどのぐらいかと聞くと、また驚きました。

上司『ビッグ3を全部合わせて22%ぐらいだから、うちは6%ぐらいかな』

私『その程度の比率でビッグ3とか名乗っていいのか!?』

実際、この分析機器の業界でビッグ3なんて単語を使っているのはうちの会社だけでした。

あり得ないだろ。。
ビッグ3と勝手に読んでるトップ3社のシェアで22%ってことは、そのシェアは戦国時代と同じだろ。。
日本国内のシェアは下がりつつあり、世界では戦国時代になっている。

それなのに誰も危機感がない。

この会社はシェアが60%を切ったことがなく、国内では常連さんがいるので販売に苦労しなかったのです。
だからみんな惰性になっていました。

売上も利益も徐々に下がり、社内の蓄財もどんどん減っている割に、労働組合の力が強く、給料の引き上げ要求は苛烈でした。
パート社員ですらボーナスをもらい、有給は全部使い、それでもなお、賃上げを要求するこの会社は異常です。

でも誰もおかしいと言いません。

以上

今、2つの事例を紹介しましたが、どうしてこんな異常なお店や会社ができてしまったのでしょう。
それは、競争の無い楽に売り上げを確保できる業界や会社での仕事に慣れてしまったことが原因です。

20代の一番成長できる時期に、競争のない楽な会社での仕事に慣れてしまうと重大な弊害があります。

その4つを紹介します。

競争のない楽な業界での仕事に慣れた20代の3つの弊害

作業をこなすことを仕事と考える間違った癖がつく

20代は良くも悪くも見たもの経験したものをすべて吸収していきます。

20代で『これが仕事だ』と教えられたものが『ただの作業』だった場合、その人にとっては『作業=仕事』と考えるクセが付いてしまいます。

20代で作業をこなすことを仕事と考える間違ったクセが付くと再教育するのは並大抵の努力ではできません。

何も考えず言われた通りに動けばそれでいいんだと勘違いした20代と、
仕事の意図を考えて意図を120%満たすために行動するよう教育された20代では、
その後の人生で圧倒的な格差が開きます。

20代のうちはあまり差は見えませんが、少しずつ大きな仕事にかかわってくると目立ち始めます。
30代になってその差に気づいた時には手遅れです。

だから、20代は苦しくても試行錯誤しながら120%の仕事をこなせる環境に身を置くようにしましょう。
そんな面倒なことしたくない、そう思った方はそれで結構です。

30代を過ぎると、私の言っていたことが理解できるはずです。
残念ながらその時すでに手遅れになっていますが。。

責任は自分ではなく他人にあると考えてしまう

競争のない楽な仕事を続けていると、当然のように失敗することはほとんどありません。
そのため、自分はできる人間と勘違いしてしまいます。

本当に重大な勘違いなんですが、本人は大真面目に自分のことを優秀と勘違いします。

だから、なにかミスがあったり仕事で失敗すると

『自分が失敗するわけがない!
〇〇が悪いんだ!』

と責任を外に探してしまうクセが付きます。

これは致命的です。

だって、自分は改善する余地がないと考えているわけですから、20代のうちに責任を他人に押し付けてしまう思考ができあがると、成長がストップします。

20代のうちは、『受けた仕事の責任はすべて自分にある』と教えてくれる厳しい職場に身を置きましょう。
もちろん苦痛です。
逃げ出したいぐらいのストレスも抱えます。

でも、責任が自分にあると思えるからこそ、全力で取り組まざるを得なくなり責任感が身に付きます。

そこで課題を解決できると達成感が得られ、達成感を得るごとに経験が積み重なり、その経験が報酬につながるんです。

収入を1000万、2000万とドンドン上げていきたいと考えているなら、仕事の全責任を自分がもらうぐらいの気持ちで取り組みましょう。

大丈夫です。
そんながんばるあなたを会社が見捨てる訳がありませんし、実際に責任を取るのは上司です。

でも、その気概があれば上司はちゃんとあなたを助けてくれます。
だからこそあなたはより一層、知識と経験が身に付くのです。

自分の限界を低くなってあともう一歩のところを踏ん張れない

競争のない楽な会社での仕事に慣れることの弊害の1つが簡単にうまくできてしまうことです。

そのため、達成が困難な目標をクリアするために全力を出す機会に恵まれないのです。

20代は、自分の限界値をどれだけ大きく高められるかがその後の成長に大きくかかわってきます。

『腕立て伏せをする時、もうこれが限界だと思ったときに、後もう1回だけがんばってみる。
それが限界をさらに高めるコツだ』

と言ったのは、ジャイアント馬場さんらしいのですが出典は定かではありません(笑)

20代で競争のない楽な仕事に慣れてしまうと、目標達成のために全力を出す機会がないので、自分の限界を低く見積もってしまって、困難な仕事が来た時にすぐに挫折してしまいます。

ちょうど、2m近くジャンプできるノミを30cm四方のカゴに入れると、30cmしかジャンプできなくなると同じですね。

実は象も同じ現象になるそうです。
小さいころに3mしか動けない鎖でつないでいると、鎖を外しても3m以上遠くへはいけないと思い込んでしまうそうです。

だから、成長期に限界を徹底的に伸ばすほど大変な目標を設定してそこにひたむきにがんばることは、ただの苦行ではなくて、30代、40代になった後に年収を大きく伸ばすチャンスでもあるんです。

さらにこれからの時代は、AIがどんどん伸びていきます。
単調で楽な仕事は人がやるよりもAIが行うようになってきます。

楽な仕事に慣れてしまうと、年収500万円程度の中流階級として生き残れるかどうかも微妙になってきます。

実際に、どこに転職しても優秀な人材と評価されている人を目の当たりにし、その特徴が分かってきました。

そんな稼ぎ続けて、生き残れる人材になれる20代の3つの条件を紹介します。

これから生き残れる人材になれる20代の3つの条件

1、自分で仕事を創造できる人

これから生き残れる人は、自分で仕事を創造できる人です。

例えば、バーベキューをしたいという人はたくさんいます。
彼らはスーパーマーケットで野菜や肉を買って、ホームセンターで道具を揃えて公園に持っていきバーベキューを楽しみます。

特になにも不思議なところはないですよね?

では、ここでちょっと考えてみてください。
あなたならどんな仕事を創造できますか?

こういう時はお客さんの利便性と不満を考えてみましょう。
野菜や肉を買いそろえるのは大変だと気づけば、、野菜やお肉を公園に運ぶサービスを仕事ができます。

年に数回しか使わないバーベキュー道具を一式買いそろえるのが大変と分かれば、貸し出すサービスを仕事としてできます。

ゴミの後片付けが大変と分かれば、後片付け代行サービスも仕事になります。

このようにお客さん視点で考えられるようになることが、新しい仕事を創造できる人になるコツです。

こういった視点は、常にお客さんのことを考えることをクセづけていないとできません。
それこそ、競争の激しいスーパーマーケットやホームセンターだからこそ思いつける仕事です。

2、学び続けることを当然と考えられる人

でもそのためには他業種のことだけでなく、業界の枠を超えて学び続けることを当然と考えられる人でないといけません。

学生時代の学習とは違って、大人になって学ぶことは仕事の『幅』と『深み』を付けるために必要です。

幅を広げることの代表例は、他業種のことを学ぶことや語学など市場を広げることです。
深みとは今行っている仕事をさらに深めるために専門的なことを学ぶことです。

市場が伸びていて、放っておいても売れるような場合は学習はいりません。
何もしなくても売れるんだから営業に注力すべきです。

でも、これからの時代は限られた市場を奪い合う戦争です。
他社よりも違ったサービスを展開できる会社こそ生き残れます。

そのためには学ぶことを当然とする人材であることが必須です。
もし勉強が嫌いだから何も勉強したくないけど、安定した会社に入りたいという人は、公務員になった方が良いです。

3、時代に合わせて変化するのが苦じゃない人

さらに言えば、学習するだけではなく、学習した内容を消化して、時代に合わせて変化できる人でないといけません。

例えば、電車の改札機の製造開発に取り組んでいる人の場合で考えてみましょう。

電車の改札機はインフラ事業ですので、廃れることはありませんが、大きく伸びることも考えられません。

そこで、成長産業のビジネスを始めるためにWebのアプリ開発を始めると聞いたらどう思いますか?
全く畑違いと思いますか?

実はこの2つは極めてよく似ていて、改札機の開発の強みを生かせる仕事なんです。

どこが似ているのかと言えば、プログラミングの技術です。

どちらの仕事にもプログラミングの技術が欠かせません。

でも、一見すると、全く畑違いの仕事ですよね。
もちろん、何もせずにいきなりWebのアプリ開発は無理ですよ。

スマホのシステムを理解したり、開発ルールを学ばないといけません。
でも、できないことはないのです。

こういった、業態の変化をスピーディーに行える人材であることが生き残って稼ぎ続けられる人材の条件です。

20代のうちは、

『絶対にコンサルタントになりたい!』
『なにがなんでもスマホのデザイン開発に携わりたい!』
『テレビCMのディレクターになりたい!』

とかこだわりが強くあるはずです。
それは主体的に仕事に取り組もうと考えているのでとっても良いことです。

でも、あなたが何をやりたいかということにこだわりを持ちすぎると、市場の変化、時代の変化についていけず、年を取ると頑固おやじになってしまいます。

だから、やりたいことがあっても、市場で求められている仕事を振られたらチャンスだと思って取り組んでみましょう。

20代のうちにできるだけたくさんの仕事に触れることが、あなた自身の仕事の幅を広げて30代で年収を激増させるのに大いに役立ちます。

これは間違いありません。

だから、20代は徹底的に厳しい環境で頑張ってみてください。
逆にそんなに稼がなくて良いから300万円前後で生活できればいいよという人は、ここで書いたことは無視してください。

では、競争のない楽な仕事の会社から脱出して30代でスーパービジネスパーソンになるための方法をご紹介します。

まずは、競争の激しい仕事に就くことです。
転職もありですが、会社で部署異動を出すことが先決です。

新たなビジネスに取り組もうとしている部署への異動を願い出ましょう。
上司に成長したいという思いをぶつけて本気で部署異動したいと伝えてください。

1年以内に部署異動できるなら、その会社にとどまりましょう。

でも、1年以内に部署異動できる見込みが無いなら転職です。

20代の1年はとっても重要です。
飼い殺しにされることだけは避けないといけません。

逆に転職する時に市場調査して伸び盛りの会社を選べば、否が応でもほぼ確実にやりたい仕事に就けますからその方が手っ取り早いのも事実です。

ただ、本気で事に取り組める会社に転職したいなら、退職してから1人で転職活動を行うのではなく、在職中から人材紹介会社(転職エージェント)を活用することがベストです。

転職に成功した人の上手な転職の進め方

転職の進め方
在職中に転職サイトに登録すべき理由は3つあります。

1つ目は、じっくりと企業研究ができることです。です。

しかもいつでも辞められるという気持ちで企業研究すると会社に不満があっても気持ちが楽になります。

2つ目の理由は、転職のタイミングではない時はちゃんとエージェントが教えてくれるからです。

3つ目の理由は、退職後に空白期間を作ってしまうためです。
空白期間が半年を過ぎると次の転職は致命的に難しくなります。

元人事部として本音で語りますが、転職に成功している人は例外なく転職エージェントに登録して、気になる求人情報をストックしておくだけでも行ってます。

転職エージェントに登録すると『転職という選択肢』ができて心にゆとりが生まれ、『色々な会社情報』を知っておくことで心が折れて倒れる前に転職という手が打てるようになります。

転職エージェントは登録無料です。
数分の登録作業だけ行っておけばあなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くから、今すぐに転職できなくても登録だけはしておくべきです。

おすすめの転職エージェントはやっぱりリクルートエージェントです。
私も転職の際はたびたびお世話になりました。

転職支援サービス リクルートエージェントの公式サイト

リクルートエージェントに登録する5つのメリット

メリット

1、業界最大級の非公開求人数

転職活動を進めるにあたって重要な要素である「求人数」。
リクルートエージェントでは一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。

応募が殺到しすぎるから、企業戦略上一般公開できない重要求人だからなど、非公開にせざるを得ない魅力的な求人に出会うことができます

2、実績豊富なアドバイザー

転職の相談相手は、誰でも良いというわけではありません。
業界や業種によって、転職に必要な情報や知識は異なります。

リクルートエージェントは、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選して紹介してくれます。

3、充実した転職サポート

リクルートエージェントのアドバイザーは、求人紹介をするだけではありません。
提出した職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートをしてくれます。

他にも参加者の80%以上に満足していただいている、リクルートエージェント主催の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能です。

4、内定辞退も受託お任せ

一度、転職した方ならわかりますが、内定を得る会社も『保険として受けた滑り止めの会社』から『第一志望の会社』までさまざまです。
第一志望の会社から内定を得たら滑り止めの会社は断るのですが、一人で転職活動を行うと自分で断りの連絡をいれないといけませんが、説得されたり何度も連絡が来ると結構ストレスです。
リクルートエージェントを活用すれば、そのような手間もすべてリクルートエージェントが代行してくれます。

5、年収交渉もお任せ

リクルートエージェントの担当者はとても熱心に転職者を売り込んでくれます。
そのため年収交渉も行ってくれるので希望の年収よりも上がることもよくあります。
元人事部での経験から言っても、書類や面接では伝わらない転職者の良さをしっかりと伝えてくれるので助かりました。

転職サイトは登録無料なうえに数分の登録作業だけ行っておけばあなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くから、今すぐに転職できなくても登録だけはしておくべきです。

転職支援サービス リクルートエージェントの公式サイト

20代の未経験者なら未経験専用の転職エージェントを使う

成功
20代の未経験者のための人材紹介会社は全国に大小たくさんあります。
でも、人事として関わってきた中でここはしっかりしているなと思える会社はたった3つだけです。

就職ShopとJAIC(ジェイック)とハタラクティブです。
その中で、全国展開しているのは就職ShopとJAIC(ジェイック)です。

だから、フリーターなどの安定しない働き方を卒業して、真面目にコツコツ働きたいと思っているなら今日中に登録することです。
登録しても強引に会社を決められるなどは絶対にありません。

それどころかあなたの辛かった過去の話、将来どんな人になりたいかという苦労話をしっかりと聞いてくれます。
もちろんそれすらも無理に話させようとはしません。

ただ、あなたが幸せな職業人生を送るためにあなたの話を聞いてくれるだけです。

就職Shop

リクルートが運営している20代の若者向けの転職サービスです。
スキルはあまりないけど希望する職種に転職したいという場合は、スキルがなくとも転職しやすい同じリクルート系列の『就職Shop』に登録しましょう。

就職Shopは、提案される企業は100%取材した企業の求人なので安心です。
利用者の9割が20代で占めており、書類選考不要でいきなり人事と面接できる強みがあります。
ご自身の希望の職種がある会社なら、とりあえず今すぐ、情報集めのためにリクルートエージェントと就職Shopの2つに登録しておきましょう。

就職Shopの公式サイトはこちら

ニートや高卒フリーターは正社員として就職するためのハードルがめっちゃ高いです。 そんな彼らを専門に支援している就職Shopは、どんなところなの...

JAIC(ジェイック)

ジェイック(JAIC)は20代のフリーター、未経験、既卒、大学中退からの正社員への就職の支援を専門とし、未経験を前提としている人材を正社員として就職してもらうための様々な工夫がなされている日本でも珍しい転職エージェントです。
就職の成功率が80.3%、入社1年後定着率は94.3%という非常に優れた数字をだしています。

絶対に正社員になりたいと考えているならJAIC(ジェイック)に登録すべきです。

JAIC(ジェイック)の公式サイトはこちら

ジェイック(JAIC)とは? ジェイック(JAIC)は20代のフリーター、未経験、既卒、大学中退からの正社員への就職の支援を専門とし、未経験を...

関連記事

朝起きれないほど辛いのは会社を辞めたいという身体の叫び

真面目にコツコツ働く仕事をやりたい人が勘違いしている致命的な3点

本業に支障が出るからと4分の3の企業が副業を認めないという理不尽

高校教師を辞めたい、辛い、しんどいと考えてるなら読んでほしい将来のこと

会社から評価されず辛くて辞めたいと考えてるあなたへ

転職エージェントを利用して内定を得た後に忘れてはいけない2つのお礼