上司が尊敬できないだけでなく信用もできない20代の悩み

20代の会社員にとって上司は部下の目標であったほしい

会社員が仕事に対するモチベーションを上げる瞬間はなんだと思いますか?

シンプルな話ですが、上司のかっこいい姿を見たときです。


こんなカッコいい人になりたい!

そう思うと、仕事へのモチベーションが高まります。

まだ仕事や社会の仕組みがよく分かっていない20代ならなおさらです。
私もそうでしたが、自分の将来像をイメージするときに、真っ先に見るのが直属の上司です。

その直属の上司が尊敬できないだけでなく、信用もできないと


こんな人になりたくないな・・

と考えて仕事へのモチベーションがダダ下がりです。

でも実際は上司の姿を見て将来像が見えてやる気を無くす社会人がとても多いのが残念です。

本当にあった尊敬できない上司

責任を押し付けてくる上司

私が人事部にいた頃、直属の上司2人は30代後半の女性主任M氏と40代前半の男性係長K氏でした。
その上に、人事部長兼執行役員の60代男性O氏がいました。

私にとって悲劇はこの3人全員が尊敬できないだけでなく信用もできないという苦痛でした。
こんな事がありました。

男性係長K氏が、私に雇用契約書を新しくできた労働契約法に沿って作り直すよう指示してきました。

私は手早く雇用契約書を作成し係長K氏に確認しました。


うん、OK。
あとはO部長のデスクにおいて確認してもらって。

私は言われたとおりに、『確認お願いします』と一筆書いてO部長のデスクに置きました。

O部長が外出から戻ってきて雇用契約書を見ると一言


なんだこの契約書は!ぜんぜんダメじゃないか!
お前は何を見てこんな適当な仕事をしてんだ!

私は焦りました。

すると係長K氏が近づいてきたので庇ってくれるのかと思いきや私に向かって言いました。


ぜんぜんできてないじゃないか。
俺はお前にもう一度確認しろと言っただろ!
なんで許可なく部長に提出したんだ!

え、KさんOKって言ってくれたじゃないですか!

すかさず反論しましたが、K係長は言うはずがないの一点張りで、O部長は言った言わないの水掛け論など聞きたくないから作り直せ!となり、結局、私が泥をかぶることになりました。

違法なことをしていた社長を止められない上司

人事コンサルティング会社に勤めていたときのことです。
クライアント先の個人事業主さんが法人成りする際の必要書類を確認していたころ、書類に違和感を感じました。

細かくは話せませんが、一言で言えば、

無いはずの現金があるように見せかけていました。


おかしい。。確かこの個人事業主さんは資金繰りに困っているはず。
なんでこんなに現金があるんだ?

そう思って上司Yさんに確認しにいきました。


このクライアントさん、こんなにキャッシュないですよね?
どこからこのキャッシュがでてきたんですか?

するとYさんは驚くことを言われました。


いや~、うん。
そうなんだけど。。
社長が、そうしろって言うから。。

驚愕です。
社長に対して何も意見が言えない上司に失望しました。

私はそれで引く男ではないので、すぐに社長のもとに行きました。


このクライアントさん、こんなにキャッシュないですよね?
Yさんに確認したんですが、これ違法じゃないですか?

すると社長は罵詈雑言を並べ立ててきます。

生意気言うな!
こうしなきゃその会社は潰れるんだ!
お前はその会社を潰したら責任取れるのか!

法律よりもクライアント企業の存続が優先って、それはもうブラックじゃないか。。
社長に対しては絶望してしまい、結局この会社は1年経たずに辞めてしまいました。

尊敬できない信用できない上司の3つの弊害

1,仕事へのモチベーションが下がる

上でも書きましたが、上司が尊敬できなかったり、信用できないと仕事へのモチベーションが大きく下がります。


俺も将来、こうなってしまうのか。。

そう考えるだけで疲れてしまいます。
もちろん、こんな上司になってたまるか!

という反抗心から仕事へのモチベーションを高めるというのはありますが、その尊敬できない上司が上にいる限り、できる仕事の幅は大きく狭まってしまいます。

2,心にホコリが溜まってしまう

上司が尊敬できないと、悶々とした気持ちで惰性で仕事を続けるクセがついてしまいます。


こんな人の評価なんてほしくないし。。

そう思ってしまうと、毎日少しずつ心にホコリが溜まります。

ホコリは1年も過ぎると白い雪のようになります。
それが10年も過ぎると取り返しのつかない事態になります。

もうホコリが体の一部のようになってしまい、『本気で仕事に取り組む』という気持ちが思い出せなくなります。
そうなると、ダメ人間のでき上がりです。

3,スキルが身につかなくなる

尊敬できない上司からは何も教わりたくないと思うのが人情です。
それはあなたが悪いわけではありません。

公私混同するな、という人もいるでしょうが、人の本質は『嫌いない人、尊敬できない人からは何も教わりたくない』のです。

逆に言えば、『好きな人、尊敬できる人からは何でも教わりたい』と思います。
その結果、自分でも信じられないぐらいに成長できます。

20代のうちに尊敬できて、信頼できる上司の元で働けるかどうかはその後の人生に大きな影響を与えるんです。

だから、特に20代のうちは尊敬できる上司の元で働ける環境を探しましょう。
本当にたったそれだけで30代になった時のビジネスマンとしてのスキルは隔絶と変わります。

孟母三遷の教えにもある通り、子供は育つ環境によって将来が決まります。
まだ社会人になりたての20代がダメ上司の環境で働くと将来がダメになります。

孟母三遷の教え
「孟母」とは、孟子の母親のこと。
「三遷」とは、住居を三度移し変えること。
孟子の家族は、はじめ墓場の近くに住んでいたが、孟子が葬式ごっこをして遊ぶので、市場の近くに引っ越した。
市場の近くに住むと、孟子は商人の真似ばかりして遊ぶので、学校の近くに引っ越した。
すると孟子は礼儀作法の真似ごとをするようになり、孟子の母は「この地こそ子供にふさわしい」と言って、その地に落ち着いたという故事から。
http://kotowaza-allguide.com/mo/moubosansen.html


ちょっと上司が微妙だ。。
この人の元で3年働くとかありえないな。

そう思ったら、他の会社を探すのが成功者の発想です。

だから、私のおすすめは今すぐ転職する気持ちになれなくとも、退職してから転職活動を始めるのではなく、辞めたいと思ったときから会社情報を仕入れるために、まだ在職中に転職サイトに登録しておくことです。

転職に成功した人の上手な転職の進め方


注意点としては、転職を考える場合は、くれぐれも在職中に転職活動、具体的には転職サイトに登録して情報収集を始めることです。

律義な人ほど退職してからゆっくり転職活動を行おうとしますが、賢いやり方ではありません。

実際に私が人事部にいた頃に転職の面接に来た人の3人に1人は在職中に転職活動をしていました。
その方が転職予定の会社と交渉を有利に進めやすくなります。

在職中に転職サイトに登録すべき理由は3つあります。

1つ目は、実際に転職を3回経験したので分かりますが、退職までに溜まったストレスや疲労は半端ないためです。
限界に達すると転職サイトに登録する気力すら無くなります。

2つ目の理由は、転職せず自宅でゆっくり過ごす生活に慣れると転職へのモチベーションを戻すのは想像以上に大変だからです。

3つ目の理由は、退職後に空白期間を作ってしまうためです。
空白期間が半年を過ぎると次の転職は致命的に難しくなります。

元人事部として本音で語りますが、転職に成功している人は例外なく転職サイトに登録して、気になる求人情報をストックしておくだけでもおこないましょう。

転職サイトに登録すると『転職という選択肢』ができて心にゆとりが生まれ、『色々な会社情報』を知っておくことで心が折れて倒れる前に転職という手が打てるようになります。

転職サイトは登録無料です。
数分の登録作業だけ行っておけばあなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くから、今すぐに転職できなくても登録だけはしておくべきです。

おすすめの転職サイトはやっぱりリクルートエージェントです。
私も転職の際はたびたびお世話になりました。

転職支援サービス リクルートエージェントの公式サイトはこちら

リクルートエージェントに登録する5つのメリット

メリット

1、業界最大級の非公開求人数

転職活動を進めるにあたって重要な要素である「求人数」。
リクルートエージェントでは一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。

応募が殺到しすぎるから、企業戦略上一般公開できない重要求人だからなど、非公開にせざるを得ない魅力的な求人に出会うことができます

2、実績豊富なアドバイザー

転職の相談相手は、誰でも良いというわけではありません。
業界や業種によって、転職に必要な情報や知識は異なります。

リクルートエージェントは、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介しています。

3、充実した転職サポート

リクルートエージェントのアドバイザーは、求人紹介をするだけではありません。
提出していただく職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートをさせていただきます。

他にも参加者の80%以上に満足していただいている、リクルートエージェント主催の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能です。

4、内定辞退も受託お任せ

一度、転職した方ならわかりますが、内定を得る会社も『保険として受けた滑り止めの会社』から『第一志望の会社』までさまざまです。
第一志望の会社から内定を得たら滑り止めの会社は断るのですが、一人で転職活動を行うと自分で断りの連絡をいれないといけませんが、説得されたり何度も連絡が来ると結構ストレスです。
リクルートエージェントを活用すれば、そのような手間もすべてリクルートエージェントが代行してくれます。

5、年収交渉もお任せ

リクルートエージェントの担当者はとても熱心に転職者を売り込んでくれます。
そのため年収交渉も行ってくれるので希望の年収よりも上がることもよくあります。
元人事部での経験から言っても、書類や面接では伝わらない転職者の良さをしっかりと伝えてくれるので助かりました。

転職サイトは登録無料なうえに数分の登録作業だけ行っておけばあなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くから、今すぐに転職できなくても登録だけはしておくべきです。

転職支援サービス リクルートエージェントの公式サイトはこちら

関連記事

朝起きれないほど辛いのは会社を辞めたいという身体の叫び