石の上にも3年って本当?転職には3年以上の経験が重要なの?

転職で言われる3年の期間の根拠って?


今の会社だとこれ以上のキャリアアップができなさそうだから転職したいんだけど、まだ2年なんだよね。
『石の上にも3年』って言われるし、あと1年いた方がいいのかな?

転職しようと考えた時にいつも出てくる『3年』という数字。
転職したいなら3年経験する必要があるというのは本当でしょうか?
転職市場で問われる年数は何年が目安なのか?
今回はその点を元人事の視点として解説します。

『石の上にも3年』と転職の関係

石の上にも3年の意味

石の上にも3年
冷たい石でも三年間座り続ければ暖まることから転じて、何事にも忍耐強さが大切だということ。
「三年」は三年ちょうどの意味ではなく、多くの月日を表している。
「石の上にも三年居れば暖まる」ともいう。
引用:故事ことわざ辞典

この解説を読んで分かる通り、実は3年の長さに大きな意味はないんです。
ただの目安なんです。

ところが、転職市場では『3年』という数字だけが独り歩きしています。

転職市場で見られる『3年以上の経験』の意味

転職市場での求人票を見てみました。

『資格取得後3年以上の実務経験のある方』
『3年以上のマネジメント経験のある方』

数字だけを追って見ていきますと、確かに経験を問う時に『3年』と書かれています。
でも、実はこの数字は鵜呑みにする必要は全くないんです。

私もそうでしたが、人材を選抜するときに3年と書いている理由は『3年』がポイントなのではなく、次の3点を確認するためなんです。

  • しっかりと実務経験があるか?
  • 実績を残しているか?
  • サポートなしに仕事を任せられるか?

だから、経験が2年だろうが、しっかりと実務経験があってサポートなしに1人で仕事をこなせるなら2年でも全然応募してかまわないんです。

3年未満の経験で応募する場合の履歴書や職務経歴書の書き方の注意点

ただし、実務経験が3年未満で転職するつもりだと、履歴書や職務経歴書の書き方に注意が必要です。

なんの補足も書かずに実務経験が3年未満であることを履歴書や職務経歴書で書くだけだと間違いなく書類選考で落とされます。


この人は応募条件を見てないのか?
3年の実務経験がないだろ。

そう思われて終わりです。

だから、実務経験が3年未満なら1人で仕事をこなせる理由と実績をしっかりと自己アピールしないといけません。

この部分が抜けているがためにせっかくしっかり経験と実績があっても書類選考で落とされるという不幸に見舞われます。

3年で十分というわけではなく、3年以下だから短いというわけでもない

だから3年の実務経験があれば採用されるのに十分というわけではありません。
逆に3年以下だからと言って不採用決定とはなりません。

3年は1つの目安に過ぎないのです。

ただし、これまで1000人以上の面接に立ち会って分かったことですが、やはり経験年数が長い方が経験値も高くなります。

だから、経験が短い人はそれまでやってきた仕事の濃さをアピールしてください。

転職市場では年数よりも実績と結果が問われる


3年の経験が必要とあるから、とりあえず3年在籍してから転職しよう

こんな気持ちだと書類選考は通過しても面接で評価されず、確実に不採用です。

  • 3年後、自分はどうなっていたいのか
  • 今の会社で得られるスキルは貪欲に習得しよう

そういった気持ちでしっかり将来をイメージした上で日々の仕事に打ち込みましょう。
その上で今の会社に長くとどまってもこれ以上、スキルアップしないと分かったら3年を待たずに次のステージへ移りましょう。

面接していると色々と分かります。

  • ただ飽きっぽいだけの人根性の無い人なのか
  • それとも明確な目標があってその目標に向けて頑張っている人なのか

本人は気づいていないのですが、聞いている側は話の内容とそれまでの行動に一貫性があるかどうか分かるんです。

自分の胸に手を当ててやましいことはない、目標が明確だと思ったら迷わず転職を検討しましょう。

28才以下の未経験でキャリアチェンジの転職を考えている場合

3年という数字をまったく気にしなくてよい転職があります。

それがキャリアチェンジです。

今までの職場で働いて自分の適性と仕事がズレていると分かった場合にもう一度ゼロから経験を積もうという場合は、3年という数字は気にする必要はありません。

ただし、キャリアチェンジの場合は別の理由が必要です。
それは、『どうして自分の適性が合っていないと思うのか』という点についての明確な理由と根拠です。


1~2年勤めたけどなんの結果も出せてないし、たぶん自分に合ってないから辞めよ

なんて軽い気持ちで辞めると面接の時に『継続力のない、根性の無い人』とみなされて確実に落ちます。

  • どうして結果が出せなかったのか
  • 自分の性格や何に楽しさを覚えるか

こういった自己分析がキャリアチェンジには欠かせません。

私が人事コンサルタントをしていた10年前だと25歳で2回目の転職はかなり厳しかったでしょう。 でも、時代は変わりました。 今の企...

こちらの記事を参考にしてしっかりと自己分析してから転職を進めてください。

転職はあなたが転職したいという気持ちと、企業が人材がほしいと思うタイミングが一致して初めて採用されます。
だから、そのチャンスを逃さない工夫が必要です。

実際に転職に成功している人はとても上手に転職活動を進めています。

転職に成功した人の上手な転職の進め方

でも勢いだけで退職してから転職活動を始めるのだけはやめましょう。
失敗のない転職を希望するなら、転職活動を開始する際に、転職エージェントのいる転職サイトに登録することをおすすめします。

大切なことは、今すぐ転職する気持ちになれなくとも、退職してから転職活動を始めるのではなく、辞めたいと思ったときから会社情報を仕入れるためにまだ在職中に転職サイトに登録して情報収集を始めることです。

律義な人ほど退職してからゆっくり転職活動を行おうとしますが、賢いやり方ではありません。

実際に私が人事部にいた頃に転職の面接に来た人の3人に1人は在職中に転職活動をしていました。
その方が転職予定の会社と交渉を有利に進めやすくなります。

在職中に転職サイトに登録すべき理由は3つあります。

1つ目は、実際に転職を3回経験したので分かりますが、退職までに溜まったストレスや疲労は半端ないためです。
限界に達すると転職サイトに登録する気力すら無くなります。

2つ目の理由は、転職せず自宅でゆっくり過ごす生活に慣れると転職へのモチベーションを戻すのは想像以上に大変だからです。

3つ目の理由は、退職後に空白期間を作ってしまうためです。
空白期間が半年を過ぎると次の転職は致命的に難しくなります。

元人事部として本音で語りますが、転職に成功している人は例外なく転職サイトに登録して、気になる求人情報をストックしておくだけでもおこないましょう。

転職サイトに登録すると『転職という選択肢』ができて心にゆとりが生まれ、『色々な会社情報』を知っておくことで心が折れて倒れる前に転職という手が打てるようになります。

転職サイトは登録無料です。
数分の登録作業だけ行っておけばあなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くから、今すぐに転職できなくても登録だけはしておくべきです。

おすすめの転職サイトはやっぱりリクルートエージェントです。
私も転職の際はたびたびお世話になりました。

転職支援サービス リクルートエージェントの公式サイトはこちら

リクルートエージェントに登録する5つのメリット

メリット

1、業界最大級の非公開求人数

転職活動を進めるにあたって重要な要素である「求人数」。
リクルートエージェントでは一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。

応募が殺到しすぎるから、企業戦略上一般公開できない重要求人だからなど、非公開にせざるを得ない魅力的な求人に出会うことができます

2、実績豊富なアドバイザー

転職の相談相手は、誰でも良いというわけではありません。
業界や業種によって、転職に必要な情報や知識は異なります。

リクルートエージェントは、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介しています。

3、充実した転職サポート

リクルートエージェントのアドバイザーは、求人紹介をするだけではありません。
提出していただく職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートをさせていただきます。

他にも参加者の80%以上に満足していただいている、リクルートエージェント主催の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能です。

4、内定辞退も受託お任せ

一度、転職した方ならわかりますが、内定を得る会社も『保険として受けた滑り止めの会社』から『第一志望の会社』までさまざまです。
第一志望の会社から内定を得たら滑り止めの会社は断るのですが、一人で転職活動を行うと自分で断りの連絡をいれないといけませんが、説得されたり何度も連絡が来ると結構ストレスです。
リクルートエージェントを活用すれば、そのような手間もすべてリクルートエージェントが代行してくれます。

5、年収交渉もお任せ

リクルートエージェントの担当者はとても熱心に転職者を売り込んでくれます。
そのため年収交渉も行ってくれるので希望の年収よりも上がることもよくあります。
元人事部での経験から言っても、書類や面接では伝わらない転職者の良さをしっかりと伝えてくれるので助かりました。

転職サイトは登録無料なうえに数分の登録作業だけ行っておけばあなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くから、今すぐに転職できなくても登録だけはしておくべきです。

転職支援サービス リクルートエージェントの公式サイトはこちら

関連記事

人生をやり直したい!転職を4回繰り返した27才派遣が正社員になれた方法

勝間和代さんの『社会人にもなって、努力や成長なんて必要ない』はめっちゃ同意!仕事...

慣れないパソコンの仕事で目が痛くて眼精疲労になる20代が激増中!

仕事がつまらない時の解決法は『結果を出すこと』と『天職に就くこと』

不動産営業

不動産営業は辛いけど続けた方がいい人と辞めたほうが良い人!

真面目にコツコツ働く仕事をやりたい人が勘違いしている致命的な3点